和食を楽しむならかどわき

東京港区麻布といえば都内でもインターナショナルなエリアとして知られています。
この麻布の一角にひっそりとたたずむ黒い和の面持ち一杯の店がかどわきです。
一度食べたらまた食べに戻ってきたくなる、というほど人を魅了する味付けのトリュフご飯は高級食材のトリュフ数枚をご飯の上に載せて、あつあつのうちに頂くという、なんとも贅沢な逸品です。
和食に慣れ親しんだ日本人は当然のことながら、外国人の方にもかなり評判がよいです。
これは恐らく食材が日本の物に固執しておらず、幅広く世界からの美味しい食材を和食に取り入れているからかもしれません。
実際、オーナーシェフの門脇氏は、世界各地からの美味しい食べ物をインスパイアーした料理の提供をしており、フォアグラそばといった珍しいメニューもクリエイトしています。
量はどちらかといえば少量で、もっと食べたい、と思うような所で食べ終わるような量を提供してくれていますが、この量こそが、客に次回ももっと食べにきたいと思わせるコツのようです。
一旦かどわきの料理を食べたら、また食べに戻ってきたくなりますよ。