本当に怖い包茎のデメリットとは?

よくテレビなどで芸人さんがちゃかされている包茎は、実はイメージ以上に大きな問題点があります。
そのため、自分がそうだという方は、どのような問題があるのかをしっかりと理解した上で適切な態度を取るようにしなければいけません。

包茎のデメリットは外見的なデメリットだけでなく、SEXをする時のデメリット、そして衛生上のデメリットと大きく分けて3つのデメリットがあります。
その中でも最も注意したいのであれば、やはり衛生上のデメリットに注目しなければいけません。
包茎の状態は、包皮の内側に雑菌が繁殖しやすいという状況ですので、亀頭炎であったり尿道炎になりやすくなっております。
また、嫌な臭いが生じやすくなってしまったり、性感染症にかかりやすいといった統計もあります。
性行為をする女性の膣炎を誘発するようなリスクもありますので、早めに処置をしなければいけません。

包茎の手術をするのであれば、しっかりとした実績とリーズナブルな価格の両方を兼ね備えているクリニックで手術をするようにしましょう。
東京ですと上野クリニックなどは、手術で多大なる実績もありますし、ナイロン糸をつかった包茎手術でしたら、72,000円で行う事ができますのでおすすめです。