災害対策に仙台で太陽光発電設備を導入しよう

災害対策で仙台で太陽光発電設備を導入しましょう。
東日本大震災は宮城県にも大きな被害をもたらしました。停電によるライフラインの寸断は、被災後の生活の質を著しく下げ、避難情報なども伝わらず被災者は大変な苦労をしました。

太陽光発電設備の導入は生活に必要な電気を確保できる有効な手段です。周囲が停電しても自家発電により電気を得ることができ、炊飯・炊事が可能です。またテレビやパソコンなども利用できるため、情報弱者にならずに済みます。災害時には情報が不足して適切な避難ができなかったり、必要なものが手に入らなかったりすることが多いので、情報の入手は生死を分かつことにもなりかねません。
減災の観点から電気の確保は不可欠です。自家発電の設備があれば安心です。