システムエンジニアの求人募集が多いわけ

今やどんな企業に欠かせないのが、SE(システムエンジニア)の存在ですよね。
彼らが社内の意見を吸い上げ反映したシステムの開発・構築があるからこそ、仕事が効率的に行えると言っても過言ではありません。
社内で裏方として奮闘している、そんな彼らですが、実はシステムエンジニアは人の入れ替わりが早いそうですね。
入社後2、3年で辞めてしまう人も少なくないとか。
そういったこともあるのでしょうか、SEの人材募集は、転職サイトや求人誌などでも多く見受けることが出来ます。
そもそもIT系の仕事は人材の流動性が高いみたいですが、SEはなかでも比較的短いスパンで転職を繰り返す傾向が高いようです。
SEの求人が多い背景が気になって調べてみたのですが、仕事に不満があるから転職するのではなく、会社を替えていくことで実力をつけ、ステップアップしたいからこそ転職するのだという人が結構いました。
コンピュータ関係の仕事は新しい産業分野ですし、若い人が主力となって業界を支えている分、転職歴がマイナスに響くというよりも、むしろ、様々な会社で得た経験があるということで、就職にプラスに働くのかもしれません。
風通しの良い業界で、転職によって自分を成長させ続けることが出来るなら、一つの職場に留まらず、色々な現場で技術や知識の幅を増やす、というのも悪くない仕事へのスタンスのような気がします。
上昇志向があって頑張り屋という人は、他人の言葉に惑わされること無く、是非自身の人材としての価値を高めていって欲しいですね。