塾の在り方とゆとり教育│教員公募と教員採用試験について

塾の在り方も変える必要があるのでは?

勉学を教え、偏差値を高める今の教育。心のゆとりを作るという事でゆとり教育が導入された結果、学力が低下し、それではまずいという事でゆとり教育を撤廃した。ゆとりの意味をただはき違えているだけのような気がします。では昔の人は学力が低下していたかというと決してそういうわけではなく、頭の思想が柔軟になれる環境があったので自然と学業においても集中力が高く、必至で授業を聞いたものです。学校は生徒の学力だけを上げる場ではなく、人間形成において集団生活にしっかり順応し、また自立した考えを養う場だと自分は思っています。先生の教え方が変わってきたのか、生徒の取り組み方が大きく変貌し、勉学ということが楽しめていないのではないか。どちらかというと後者が問題のような気がします。

教員採用試験について

千葉県の教員採用試験情報はこちら

教職員採用試験情報と傾向と対策について学校で働く(教員公募について)