太陽光発電設備を東京で導入しよう

日本最大の都市であり首都の東京は震災に強い都市に生まれ変わろうとしています。
それが太陽光発電設備の積極的な導入という社会現象として表れています。

電気に頼り、電気なしでは生きて行けない生活をしている大都市では、ひとたび大規模停電に襲われるとひとたまりもありません。

先年の地震で計画停電の候補となった街では夜は暗く危険であり、昼間も商売ができなくなったというのは記憶に新しいところです。

設備を導入し、自家発電をすることで自助努力で計画停電対策や防災対策を行う。
その姿勢が大切です。
大都市ならではのスケールメリットで手ごろな価格で設備は導入できますし、余った電力は電力会社が買い取ってくれる制度もあります。

安全安心のために設備を導入することは震災に対する保険代わりにもなります。