横浜で太陽光発電システムの設置を検討されている方は、実地調査をしてもらいましょう。

太陽光発電とは、太陽光がどれだけソーラーパネルに当たるかで発電量が決まります。
当然の事ですが太陽からの光がほとんど当たらないような場所にソーラーパネルを置いても発電は期待できないのです。
素人は屋根の上に日陰はできないと思いがちですが、真っ平らな屋根(陸屋根)でない限り日陰ができる時間帯というのが一部あるものです。
横浜で太陽光発電システムの設置を検討されている方は、販売店や施工業者の人にきちんと実地調査をしてもらい、実際に屋根に上がってもらって日照状況を分析してもらうと良いでしょう。
一見なにも問題ないと思える屋根であっても、プロが検証すると冬季間の日差しの角度が低くなる時期には日陰ができやすいスポットを見つけ出す事があったりします。